当院の特徴

特徴その1専門医による診療

うつ、パニック、不安、物忘れなど、お悩みをお気軽にご相談ください。IT、金融機関、放送、外資系、コンサルティングなど都心を中心とした企業50社以上の産業医として、企業のメンタルヘルスに従事する医師が、皆様の心の回復をお手伝いいたします。

特徴その2「北越谷駅」徒歩0分

当院は、東武スカイツリーライン「北越谷駅」西口の目の前のビルの3階にあります。 越谷市や、春日部市、車を使えばさいたま市の浦和区などからもアクセスが良い場所です。

特徴その3プライバシーに配慮した院内

外に音が漏れないように配慮して設計した個室で診察を行います。また完全予約制で、皆様をお待たせしないように努めてまります。お声がけの際にはお名前ではなく番号札をお渡ししてお呼びいたします。

特徴その4最小限の薬物療法

ご自身の病気について理解を深めていただくために、病気や治療薬についてもしっかりと説明します。お薬が必要な場合には、効果や副作用などを考慮しながら、お薬を選びます。お薬に頼りすぎない診察を心がけています。

診療科目

  1. 認知症

    認知症

    認知症では、徐々に悪化する物忘れを認めます。物忘れの症状に加えて、暴言、暴力、徘徊、眠れない、食欲がない、やる気がわかないなどの症状が出現することもあります。

  2. 統合失調症

    統合失調症

    統合失調症では、正体のわからない誰かにひどいことを言われている、部屋が盗聴されている、電磁波に襲われているなどの症状を認めます。遺伝的要因とストレスなどの環境的要因が発症に関係しています。

  3. 強迫性障害

    強迫性障害

    強迫性障害は、嫌な内容の考えが繰り返すこと(強迫観念)や、その考えを打ち消そうとする行為を繰り返すこと(強迫行動)の片方あるいはその両方を特徴とする疾患です。

  4. 社交不安障害

    社交不安障害

    社交不安障害は、人前で話をする、他人と会話をする、人に意見をする状況において、不安や恐怖を感じ、赤面、動悸、震え、発汗、めまいなどを生じる疾患です。

  5. 全般性不安障害

    全般性不安障害

    全般性不安障害は、学校や仕事における活動、健康などについて過度な不安や心配が6か月以上続いていることが特徴です。不安に加えて、落ち着きのなさ、緊張、頻脈、発汗、手の震えなどを伴うこともあります。

  6. 適応障害

    適応障害

    適応障害とは健康上の問題、経済的な問題、対人関係の悩みなどのストレス因子をきっかけとして、さまざまな心身の症状が現れ、社会生活に支障をきたしている状態のことを指します。

  7. 躁うつ病(双極性障害)

    躁うつ病(双極性障害)

    躁うつ病(双極性障害)とは、ハイテンションな気分が続く躁状態と、落ち込んだ気分が続くうつ状態とを繰り返す疾患です。

  8. 発達障害

    発達障害

    空気が読めないとよく言われる、変わっているとよく言われる、じっとしていられずケアレスミスが多いなどは発達障害でよくきかれる事柄です。

  9. パニック障害

    パニック障害

    パニック障害とは、過呼吸、動悸、発汗、吐き気、頭痛などが同時に起こる「パニック発作」を繰り返す疾患です。パニック発作を繰り返すことにより、発作がまた起こるのではないかと不安になる「予期不安」が出現することがあります。

  10. うつ病

    うつ病

    うつ病は、仕事上の人間関係がうまくいかない、仕事が多すぎる、家庭内の問題などのストレスがきっかけとなり、気分が落ち込む、眠れない、食欲がない、集中力がないといった症状を認めます。

PAGE TOP